道の駅くしま(仮称)

道の駅くしま(仮称)は、飲食物産館、市民交流館、イベント広場、情報館、駐車場があります。
県内外の方が道の駅を訪れ、串間の素晴らしさを知ってほしいと考えています。
人々の交流や情報の発信源として、HUBの役割を担う施設を目指します。

飲食物産館


「物産コーナー」には串間で とれた豊かな新鮮食材がずらりと並ぶ。「飲食コーナー」はぶりプリ丼ぶりをはじめ、ご当地グルメや魚介・野菜などが思う存分に満喫できる

市民交流館

子どもから高齢者まで、幅広い年齢層に活用していただける場所。親子の憩いの場として、勉強する場所として、会議室として、さまざまなシチュエーションで利用が可能

情報館

串間の市民向け生活情報から観光案内まで、情報発信の起点として機能する場所。イベントなどの情報もこちらで受付・発信することができる

イベント広場

毎月の「よかむん市」や各種まつり、そのほかイベント会場やステージとして多くの人でにぎわうオープンスペース。常に人が集い、交流したり憩いの場として活用

運営予定者

株式会社 海山社中
>>運営予定者情報<<

はじめまして。 私たちは2021年春にオープン予定の「道の駅くしま(仮称)」の運営予定者として選定いただきました株式会社海山社中と申します。串間大好きな仲間と共にこれからの串間を創造し串間の未来へのチカラになれればと思います。 現在、オープンに向け串間市が掲げる基本コンセプト「みんなで創るまちなかの道の駅くしま」を軸に進めております。串間市中心市街地整備事業として開発の一環である道の駅計画が串間市の未来への新たな創造の起点となり多くのヒトやモノが活き活きと交流する場となればと思います。 全国で人口減少、少子高齢化が叫ばれる中ここ串間市も例外ではありません。しかし、これからの串間市の未来を描き行動するのは他でもない今を生きる私たちと考えています。今回の計画は多くの方との連携により成功へと導けるものと信じています。 この道の駅がオアシスの水が溢れるように笑顔、智慧、意欲、活気、アイデア、繋がり、生き甲斐など多くの可能性が湧き出る場所になればと思います。市民の皆様をはじめ利用者の癒しや余暇の充実、生産者には生き甲斐の創出を、地域企業には売上の拡大を、そして市外からの道路利用者に対しては地域交流や観光体験を通じて串間市の魅力を発信し串間市の経済活性化に繋がればと強く思っております。

株式会社 海山社中
代表取締役社長 堀口一樹

運営予定者

各種募集

※準備中※

納入者 / 社員、アルバイト、パート

串間市の人口

2020.2.1現在

総人口
男性
女性
世帯数
高齢化率(%)